見る・学ぶ・遊ぶ

日光院

  • 祠堂の伝説

 高崎の丘の西端に日光院と呼ばれる小堂がある。昔この地に旅の行者(ぎょうじゃ)が来て、ある家を宿にした。  しかしこの行者は病んでおり――または、この地に住んでいた日光院様が――病が篤(あつ)くなって正に死のうとするとき、死んだら逆さに埋めよと言い遺した。埋める段になってそうもされず、座ったまま埋めた。するとこの村にボウフリガミ(流行病)がはやった。言葉にそむいて埋めたためであろうと、逆さに埋め直すと疫病はおさまり、以後この地で疫病になる者がなくなった。日光院はこの行者を祀った堂である。

PAGE
TOP