見る・学ぶ・遊ぶ

思惑橋

  • 水の伝説

 留ヶ谷の玉川に架かる橋が「思惑橋(おもわくばし)」または「安倍待橋(あべのまつはし)」とも呼ばれている。昔、安倍貞任(あべのさだとう)がこの地を過ぎるとき、見染めた女に通うため渡った橋なのでこの名があり、貞任が残した騎馬の蹄(ひずめ)の跡を渡る者が踏むと、必ず踏み抜いたという。  また、安倍宗任(むねとう)が虜(とりこ)になって都に送られるとき、その妻がこの地まで追って来たがおよばず、橋の上で涙を流した。(『塩松勝譜』)

PAGE
TOP