見る・学ぶ・遊ぶ

鴻ノ池

  • 水の伝説

 市川の坂下に「鴻ノ池」と呼ばれる一画があり『封内風土記』には、今は崩れて形は残っていないが、泉があって片葉の葦が生えているとあり、『塩松勝譜』には、池の中に石があり、石の上に鴻の足跡があるのでその名があると伝えると記している。市川村の「書出」には、多賀城に鎮守府将軍がいたころ、この辺は海で井戸があっても海水が入って使用できなかった。
 将軍がこの事を都の母に伝えると、母はそれを嘆き祈願した。あるとき一羽の鶴が飛んで来てこの地の石の上に止まった。鶴が飛び去るとその石は次第に沈み井戸となった。この井戸はいかなる干魃にも涸(か)れることがなく、辺りには片葉の葦が生えている、と記している。

PAGE
TOP