見る・学ぶ・遊ぶ

太郎天神

  • 祠堂の伝説

 留ヶ谷の鎮守である天神社は古く野田の桜井家一族の氏神として、その本家の屋敷内に祀られていた。昔、当家の家督に太郎という者があり、伊勢詣りに出かけたので、爺

と婆は太郎の旅の安全を氏神の天神様に祈っていた。しかし、太郎は帰る日になっても戻ってこないので、婆が天神様に、

 太郎らんがマメ(達者)で帰らぬものならばおらが屋敷におかぬ天神

と歌を詠んで祈願した。それに対して爺は、

 婆らんが何を言ったとておれに免じておれや天神

と詠んだ。太郎は天神様のお陰で、無事伊勢詣りから帰ることができた。それで太郎天神と呼ばれるようになった。 

PAGE
TOP