見る・学ぶ・遊ぶ

色の御前社

  • 祠堂の伝説

 南宮の鎮守である南宮神社は「色の御前社」とも呼ばれ、「色ノ地」という地に祀られている。この神は女神で、隣村山王の山王社の神に懸想(けそう)され、逃げるとき芋の葉を踏んで滑り、茶の木で目を突き、麻畑に身を隠し、さらに黒川郡吉田村(現・大和町)の升沢まで逃れ、臼を彫っている家の臼のなかに隠れて難を避けることができた。それで南宮では芋・茶・麻を植えず、山王にはヒナダメッコ(すがめ)の者が多く、吉田枡沢にある枡沢様(船形山神社)には咎めがあると参詣する者がない。

PAGE
TOP