見る・学ぶ・遊ぶ

貞山運河

阿武隈川から塩竈湾を経て、石巻に至る国内最長の運河。明治時代、発案者の伊達政宗の法名「貞山」にちなみ、名付けられました。多賀城市分は江戸時代前期に掘削されて御舟入堀と呼ばれ、伊達藩の物流を支えました。「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されています。

地図
PAGE
TOP